Q&A

小野自動車に入社したきっかけを教えてください。
大分県内の短大を卒業後、病院の医療事務で2年間勤め、その後小野自動車へ転職してきました。
新卒入社した医療事務の仕事では職場環境に悩むことが多く、医師、看護師、患者さんに囲まれ、様々な視点からの意見に常に揉まれている環境だでした。このような職場環境を変えたいと思い、転職を決めました。
もともと車に興味があった訳ではありませんでしたが、事務職の経験を活かすことができ、何よりも「経験よりも人柄を重視する」という小野自動車の社風に魅力を感じ、入社に至りました。
入社前後でギャップを感じたことはありますか。
入社後は良い意味でギャップを感じました。自動車業界への漠然としたイメージで「怖いのではないか?」と不安に思ったこともありましたが、「人柄重視採用」という通り、先輩社員の皆さんが優しく、楽しい職場で安堵しました。
現在のフロント職は女性社員が多いのですが、全員仲が良く、良いチームワークを発揮しています。上長との関係性も良く、入社当時は教育担当としても沢山面倒を見ていただきました。今でも仕事の相談をし合える良い関係を築けています。
現在のお仕事内容を教えてください。
お客様のお出迎えなどの受付業務、事務手続き、整備職のお手伝いまでたくさんの仕事があります。フロント職と言っても、単に受付やお見送りをするだけでなく、車検・点検の一部にまで携わることができるのでやりがいを感じます。「分業」のイメージが近いかもしれません。
例えば、整備職が発見した部品の交換指示や検査結果は、フロントを通してお客様にお伝えしています。そのためお客様とは専門用語を使いながらお話することもあります。もちろん分からない部分や高度な専門領域があれば、整備の方が説明してくれるので、車の知識が無い方でも出来る範囲のお仕事が任されます。座ってパソコン作業というより、動くことも多いのでよりやりがいを感じていると思います。
1日の仕事内容は、前日に受付担当のお客様を割り振られているので事前に把握ができるようになっています。事前に仕事を把握できることで心に余裕が生まれていますね。小野自動車は様々な職種が連携しながら仕事が進むので、毎日がチーム戦です。みんなが心に余裕をもって働くことが出来るよう、スケジュール管理は徹底しています。
また、すべての業務を1年目から担当するので、若手でも活躍できるポイントが多いです。初めのうちは覚えることが多く大変に感じるかもしれませんが、個人のレベルに合わせて徐々に担当箇所を増やすので、自分のペースで成長できます。不明点や疑問点も聞きやすい環境なので困ったことは即解決できると思います。
業界知識がないまま入社されたとのことでしたが、どのように知識やスキルを磨いたのですか。
入社当時は、お客様に説明をしなければならない立場にもかかわらず自分に自信がありませんでした。自信をもってお客様とお話しでき、納得してもらえるようになったのは、日々の勉強と周囲の助けがあったからだと思います。
私は分からないことをネット調べた後、必ず先輩にも聞いて正しい知識を身につけているか確認していました。部署の同僚や先輩、整備の方など、会社の皆さんに沢山質問しました。
整備職などは特に職人気質で怖いイメージを持っていたのですが、小野自動車には教え合いの文化が根付いているのでとても聞きやすく、分かりやすく教えてくださいました。
また、小野自動車は若い年代の社員が多いので仕事も勉強も楽しく、気軽に声掛けしやすいと思います。
入社したての頃に経験したお仕事中の失敗談はありますか。
失敗談としては、お客様の予約を忘れてしまったことがあります。
小野自動車を何度か利用していただいていたお客様でしたが、予約を忘れたためにお客様を残念な気持ちにさせてしまいました。
この経験を踏まえて、スケジュール管理の自覚が芽生えましたし、後輩には積極的にメモを取ったり時間管理をするようアドバイスしています。
誰もが失敗を経験しますが、失敗経験から学んだことを活かしていければ次のステップに進むことが出来ます。

私も入社したての頃は、車の知識がなく、分からないことが多かったために常に不安を抱えていました。男性のお客様の方が車に詳しくて、知識レベルを超えられず、不信感というか信頼が落ちているということを感じました。入社2年目の後半くらいで同等になったと感じた。
入社3年目を迎えた今、小野自動車のフロント職としてやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか。
やりがいを感じるのは、お客様が私を覚えてくれるようになったことです。ただ入店するだけでなく、「後藤さんにお願いしに来たよ」と来てくださるお客様の存在が日々力になっています。前職の医療事務をしていた頃は「私」という存在を頼って来てくれるお客様はいませんでした。転職を決意した際に「あなたが辞めてさみしい」と言ってくれるような仕事をすることや、そういった関係性を築くことに憧れを抱いていました。小野自動車に入社する時には「自分もこうなろう」と決意していたので、入社3年目になった今、改めてお客様のありがたさとやりがいを感じます。
これまでの経験を踏まえて、今後はどのようなキャリアを築いていきたいと考えていますか。
まずはフロント職として自分の仕事をもっと磨いていきたいです。お客様から「後藤さんのおかげだよ」「後藤さんありがとう」と言っていただけるような仕事をしたいと思います。
また、社長からもさらなる挑戦としてマネジメントや人事担当という機会をいただきました。今まで携わったことのなかった部門ですが、自分に頑張れることは精一杯挑戦したいと思っています。
未来の仲間へメッセージをお願い致します!
小野自動車はやりたいと思ったことをさせてもらえる環境」です。前向きで主体的であれば必ず活躍できます。女性でも「車業界だから...」とおびえずに気軽に来て欲しいと思います。ご応募お待ちしています!